こだわりがある名刺作成なら専門店を選ぼう!

名刺12

名刺交換はひとつのコミュニケーションですが、ビジネスで行う場合は利益に影響するものです。将来、大きなチャンスを生むかもしれない名刺ですから、これから作成する人はニーズを得られる名刺づくりを実践してみるのも良いでしょう。

安い料金ばかりを重視すれば自己投資にはならないかもしれません。ここでは、品格ある名刺作成について紹介します。

名刺はアピールしたい情報を強調してデザインする

名刺は誰でも持つことができ、自分の名前や立場、どんな役割や能力があるのかなどを、ひと目で相手に伝える役割があります。しかし、基本情報だけを相手に伝えてもビジネスでは役不足だと感じる人も多いでしょう。名刺はとても小さなコミュニケーションツールですが、相手へ特に伝えたい情報を強調してデザインすれば、大きなアピールになるものです。

人によってアピールしたい情報や戦略は異なりますから、デザインは星の数ほど存在します。立場や勤務する企業など環境にもよりますが、平凡で印象が残りにくいデザインの名刺を相手へ渡したとして、名前と顔を覚えてもらえるかは分かりません。

例えば、名刺交換した相手に後で自分へ連絡して欲しいと思っているとします。しかし、名刺には企業名だけで明確な連絡先が書かれていなかったら、相手がいちいち連絡先をリサーチしてまで連絡してくれるでしょうか。企業や法人の電話番号や自分の携帯アドレスを載せるのは基本かもしれませんが、相手からの連絡が欲しいなら連絡先の情報を強調したデザインの名刺が必要でしょう。

また、とにかく名前と顔を覚えてくれるだけで良いと考える人は、名前だけ載せた名刺をデザインするのも戦略だと言えます。一般的な名刺に書かれている情報のほとんどを排除して名前が大きくデザインされていたら、オリジナリティの高い名刺として相手の記憶に残るかもしれません。

それで信用を得られるかは別の問題ですが、名刺には自分が持たせたい役割をデザインすることが大切だと言えるでしょう。

インパクトがある名刺づくりをしよう

現代では、ビジネスでもプライベートでも名刺交換が行われていますが、名刺は7世紀から10世紀頃に中国で生まれたと言われています。実際にビジネスで使用され始めたのは16世紀頃のヨーロッパで、それから長い歴史の中で人脈づくりや商談の第一歩として名刺交換が行われてきました。

優秀なビジネスマンは、幅広い人脈を持つと言われますが、仕事からプライベートまで分野を問わず積極的に交流を求めるケースは少なくはありません。インパクトある名刺を作成しなければ、名刺交換の後は相手の名刺ケースに収納されて忘れられてしまう可能性が高くなってしまいます。

思い通りに名刺をデザインするには、作成する業者選びからこだわるようにしましょう。パソコンのWordでセルフ作成をすれば安上がりだと考える人もいるでしょうが、ビジネスシーンで使用する名刺に向いているかは個人の考え方です。

ただ、個人が持つプリンターに通せる紙の厚さや質感は制限されるでしょう。クールなデザインの名刺を作成できても、紙にこだわりがない名刺は品格があると感じられないかもしれません。ママ友やサークル仲間などで交換する名刺であれば十分なクオリティに仕上がります。

凝ったデザインが望みなら名刺専門店を選ぼう

名刺作成をする業者は数多くあり、さまざまな印刷物を請け負う印刷所から、名刺を専門的に作成できる業者までさまざまです。

名刺作成の専門業者を利用する場合、ひとめ見て凝ったデザインだと感じる名刺を作成しやすいのがメリットです。名刺作成では、データ入稿でデザインを決めるのが手間がなく人気ですが、専門店ではデザイナーが作成したテンプレートが豊富に取り揃えられているケースが多く、手軽に個性的な名刺を作成できます。

既存のテンプレートでは物足りない場合は、オリジナルのテンプレートを作成してくれる専門業者もあるので、相談してみると良いでしょう。企業家や社長などの立場や、美容や不動産などのビジネスシーンに適した名刺が作成しやすいのも専門店を選ぶメリットのひとつです。

また、大手の印刷業者では受け付けていない小ロットの注文も、専門業者では受け付けている場合が多くあります。50枚や100枚からでも注文できる場合があるので、あまり多くの枚数が必要でない場合も利用しやすいでしょう。

キラキラやスケスケの名刺が手軽に作れる

名刺15

ウェブから名刺作成するとクオリティの高い名刺にならないとのイメージを持つ人もいるでしょうが、さまざまな印刷技術や台紙を使った高価な名刺も作成できます。例えば、きらきらとした光沢が美しい箔押しの名刺や、透明PETフィルムと呼ばれるポリエステルフィルムを使用してスケルトン名刺が作成できる業者もあるので、検索してみると良いでしょう。

箔押しの名刺は、企業のロゴやブランド名など部分的に箔押し加工をデザインするだけでも格調高いイメージになります。スケルトン名刺は透けているため片面印刷になりますが、クリエイティブで存在感ある印象に仕上がるでしょう。

活版印刷で感度の高い名刺を作ろう

印刷された文字の凸凹とした表情が魅力的な活版印刷のみを取り扱う名刺専門店もあり、レトロで品格ある名刺を作成できます。11世紀頃に生まれた歴史ある印刷技術ですが、データ入稿で注文できる業者もあり、店舗へ出向く必要がなく手造り感のある名刺が作れるのがメリットです。

業者によっては、人間国宝が手作業で作成した和紙を選択することもでき、美しくハイレベルな名刺が作成できるでしょう。活版印刷で作成された名刺は、オフセット印刷やオンデマンド印刷にはない温もりが感じられ、インクの風合いや手触りが一枚ずつ微妙に異なる点で特別感があります。

特に、活版印刷はクリエイターの世界で価値が再認識されている技術です。活版印刷で印刷された名刺を持っているだけで感度の高い人物だと相手に印象づけることができるかもしれません。ただし、スピード感がある名刺作成はできないため、だいたい12日以上の日にちが納品まで必要になるケースも多いです。

活版印刷で名刺作成する場合には、日にちに余裕を持って注文するようにしましょう。

名刺専門店でほかにはない名刺づくりを

名刺はビジネスで利益を生んだり、チャンスを得たりするために必要なコミュニケーションツールのひとつです。インパクトがあるデザインで、自分がアピールしたい内容を強調して載せることで、相手に名前や顔を覚えてもらえるかもしれません。

名刺専門店では、オリジナリティーの高いデザインで名刺作成をしやすいです。活版印刷やスケルトンの名刺など、ほかにはない名刺が作成できます。